子供の成長がひと目で分かる!?学校の記念写真を見る機会

引越しや大掃除での片付けの際に・・

引越しや大掃除を始め部屋の中を思い切って奥まで整理整頓する機会。長く同じ場所に住んでいても滅多にない機会ですから、時として大変思い出深いアイテムがひょっこり顔を出すケースがありますよね。その典型的なものが学校の卒業写真。自分が幼い頃の集合写真や様々なイベントの写真を見て、自分の変わり様にビックリするものです。長い年月が経ちアルバム自体も若干変色しセピア掛かってくると、余計にその懐かしさが加速するものですよね。

気心知れた友人や恋人と一緒に眺める機会も・・

自宅に遊びに来た気心知れた親しい友人、あるいは結婚を控えた恋人同士でも、過去を懐かしむという目的で部屋の奥から学校の卒業アルバムを出してきて一緒に眺める機会は多いでしょう。これまで知られる事の無かった幼い頃の自分の姿を相手に包み隠さず見てもらう事によって、より深い友情や愛情を作り上げる手助けともなってくれるのです。過去の失敗を思い出しちょっと気恥ずかしいケースもあるものですが、慣れてしまえばどうという事は無いでしょう。

両親と一緒に眺める卒業アルバムも良いもの

自分が子供の頃の卒業アルバムを最も一緒に眺める機会が多いのはおそらく両親では無いでしょうか。幼い頃の自分に最も身近に接してきた人間ですから、卒業アルバムを見た時の感慨深さは最も深くなりますよね。自分が親元を離れた時でさえも、実家に残してきた卒業アルバムを両親が大事に保管し事ある度に眺めているというパターンも結構多いもの。それさえも恥ずかしくあまり見られたくないというなら全てのアルバムを一緒に持ってくるしかありませんが、中々連絡も取れない仲というなら思い出に残してゆくのがベストではないでしょうか。

学校写真とは、体育祭や文化祭及び修学旅行などの学校行事の風景を撮影したものです。通常、学校が提携している写真屋さんが撮影することが多いです。